海外セレブの攻めすぎファッション

オスカーにアカデミー賞に、世界でトップレベルに美しい人たちがトップレベルに着飾って一同に会するきらびやかなレッドカーペットの世界では、とにかく目立ってなんぼ!周りがすごすぎるから、普通の恰好では埋もれてしまいます。

それも年々ヒートアップしているようで、あんなところやこんなところが「いいのか…?」というレベルまで見えていることは当たり前。個性という意味では、もはや一般人には理解不能の領域に達している人もいます。

本記事ではそんな、攻めすぎたファッションのセレブをご紹介します。

もはや服というより装飾

まあ、これだけの美しい身体の持ち主であれば見せつけたくなる気持ちも分かります。だからこそ、セレブ達は露出するのでしょう…。でも、これってもはや、「面」の部分がないドレスですよね。かろうじてレースできわどい部分は隠されている(??)ものの、もはやドレスというより、ケーキの飾り付けくらいの感覚に違いありません。フロントがどうなっているのかも気になってしまいますね…怖いもの見たさですが。

カーディ.Bのレオパードルック

こちらはヘンテコ露出ファッションなら右にでるもののいないカーディB様。いやー、なんというか、コメントというか突っ込みを許さない迫力&貫禄がありますね。全てが濃ゆいです。コテコテです。彼女はいつもフューチャーぽいテカテカ素材系がおおいイメージなので、それと比べると普通かもしれません。ワイルドの一言です。

全身現代アート

リアーナもちょくちょく、攻めすぎてますよね。こちらは露出は(彼女にしては)控えめなものの、まるでミクストメディアのスカルプチュア―になったかのようなアーティスティックなルックです。春らしい色が素敵です。ヘアメイク、ピンクを基調とした色合い、花柄も相まって、いつもの彼女とくらべると「清楚系」コーデという印象ですね。ずっと見てるとなんだか可愛く見えてきます。しかし動きづらそうですね。

トリはこの人!

最後はもちろんこの方です。唯一無二の歌姫、ビョーク。個人的にビョークは、ヘンテコセレブファッション界のクイーンだと思っています。彼女の攻めすぎファッションって、なんというか、「狙ってない」感があります。セクシーでもなければ、何らかのテーマ性も無く、ただただ「見たことないなー」って恰好をぶっこんできます。この人の感性はあらゆる意味で「本物」ですね。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*